シナプス・マガジン

まんがでわかる(かもしれない)シナプスモバイル

まんがでわかる(かもしれない)シナプスモバイル

プロローグ

002003004005006

シナプスモバイルはじまってます。

007008009

シナプスモバイルの特徴は?

016 ※音声SIMご契約の場合は、国際ローミングオプション(無料)お申し込みで海外でも通話ができます。(データ通信はできません)
029 030 031

シナプスモバイルの格安SIM

シナプスモバイル提供の格安SIMは、データSIM、データSIM(SMS付き)、音声SIMの3種類があり、さらにそれぞれ4通りのデータプランをライフスタイルにあわせて選べます。
point_1

データSIM

026 例えばLINEの新規登録やアカウント引継ぎにSMS認証が使われます。
LINEは、SMS認証をせずにFacebookアカウントで登録することもできますが、その場合検索機能にちょっと制限がかかってしまいます(通話・グループチャットは使えます)。
(そのFacebookアカウントの新規登録にも最近は携帯電話番号が必要だったりしますが…)
027 かごりん(自転車レンタルサービス)

データSIM(SMS付き)

028

音声SIM

032 033 hyo 034

選べる4つのプラン

035036 046 テザリングできるかどうかは端末にもよりますが
047 048 053

惑星の自転周期について(読まなくても格安SIMの動作に影響を及ぼすことはありません)

地球を始めとして多くの惑星は地軸を中心としてコマのように回転しており、1回転する時間のことを自転周期といいます。1日過ぎるのに必要な時間と言い換えてもいいかもしれません。

自転周期はすべての惑星で異なっており、地球よりも早く回る惑星もあれば、遅い惑星もあります。みちのぶが出した例にもある通り、木星は地球時間に換算して9.924時間(0.435日)で1日が過ぎますが、水星は58.65日、金星にいたっては243日しないと1日が経過しないことになります。木星がいかに速いスピード回転していることがわかりますね。(※そもそも通信速度と時間は比較するもんじゃないというツッコミはなしでw)

ちなみに惑星の回転には自転だけでなく、ある天体を中心としてその周囲をまわる公転というものもあり1周するまでの期間のことを公転周期といいます。地球は太陽の周りを公転しており、その周期は約365日です。

ちなみに3Mbpsがどれくらいの速度かというと、普通のネット閲覧は特に問題ありません!でもYoutubeなどの動画サイトだと、画質はスマホサイズ(144p~360p)でないとちょっと厳しいかな~~~~ってくらいの早さです。

3GB・5GB・10GBプランはこういう人にオススメ!
・自分の上限がしっかりわかってて、決められた上限の中でやりくりできる人
・スマホの使用料をおさえたい人
・スマホだけでなくタブレットやパソコンでYoutubeなどの動画サイトも利用する人

毎月の通信料がどれ位かわからないという方は、こちらの記事を参考に確認してみてくださいね!

上限3Mbpsプランはこういう人にオススメ!
・制限や上限とか気にしたくない人
・ネットはLTEほど速くなくてもいいかなって人
・動画サイトもスマホサイズで十分な人
・MH4G1日1~2時間する人

(2015/5/25追記)以下にシナプスモバイル3Mbpsプランを実際に使ってみた動画を掲載しました。

シナプスが提供するのはSIMだけ

010 011 013 シナプスで取り扱っているのはSIMカードだけ!
なのでスマホ本体はご自身で前もってご準備をお願いします。

端末本体はどこで調達すればいい?

前回は「格安SIMと一緒に端末も買う」という選択肢がありましたが…
019 018 017 補足:みちのぶの携帯キャリアはdocomoで、機種はSONYのXperia Z3(SO-01G)である
020 021 022 というわけでau・ソフトバンクの人はご注意です
動作確認済み端末はコチラ

023 024 014

注意したほうがいいことは?

039 043 044 045 ちなみに、ネットワーク利用制限がかかった状態のスマホを「赤ロム」と呼ぶこともあります(あくまでも俗称)。オークションや中古ショップで「赤ロム」や「ネットワーク利用制限中」と書かれているものはSIMカードが使えないor最初は使えても後々使えなくなる可能性があります。(Wi-Fiは使える)

ネットワーク利用制限について

盗難や携帯料金未納によりキャリア側から強制解約され残債が残っている端末などの利用を制限するための仕組みの事を言います。制限がかかるとSIMカードを挿入しても通信ができません。端末がネットワーク利用制限にかかっているかどうかは、各キャリアのホームページ上で、端末の製造番号(MEID/IMEI)を入力することで簡単に判別できるようになっています。製造番号はスマホの入っていた外箱や端末の情報で確認することができます。

キャリア URL
NTTドコモ http://nw-restriction.nttdocomo.co.jp/top.php
au(KDDI) https://au-cs0.kddi.com/FtHome
Softbank
Y!mobile
https://ct11.my.softbank.jp/WBF/icv

判定結果例は以下のとおり(下記の例はauの場合です)

ネットワーク利用制限の対象外です(問題なく使えます。)。ただし、盗難や不正契約などが発覚した場合は利用できなくなることがあります。
現在は問題なく利用できますが、代金債務の不履行等により利用制限となる可能性があります。
(端末を分割払いしているときもこの表示になることがあります)
× 利用制限中です(赤ロム状態)
製造番号(IMEI/MEID)が確認できません。

余談ですが、ロム端末(ロム機)と言うのは昔の携帯端末本体に電話番号などを書き込みすることで利用できるようになる端末の事を言います。それに対して現在主流のSIMカードを装着する端末はSIM端末(SIM機)と呼ばれています。ネットワーク利用制限にかかった状態のSIM端末を赤ロムと言うのは厳密には正しくないのですが現在でも慣例的に使われています。

040 041 端末の仕様や取説を読んで、どのSIMカードがささるのかを調べてから申込みましょう。
万一サイズ違いを注文してしまった場合、交換にも手数料がかかります。
SIM 042 例えば解約済みでもう使ってないスマホや、液晶が割れてスマホとしてはもう使えないスマホをテザリングでルータ代わりにしよう…と思っても、機種によってはできないこともあるので、注意が必要です。

終わりに

001050 051 052 シナプスモバイル公式ページはコチラ!↓

URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 0 )
  • トラックバック ( 1 )

No commented yet.

Facebookでコメント

Return Top