シナプス・マガジン

SIMロック解除の注意点

SIMロック解除の注意点

2015年5月以降発売のキャリアのスマホはSIMロック解除ができるよう義務付けられています。

SIMロックとは?

SIMロックとは、平たく言うとキャリアが発売したスマホを、そのキャリアでしか使えないようにロックすることです。
ドコモだったら、ドコモが発売したiPhoneにauやソフトバンクのSIMを挿しても使えない、といった感じですね。
同じiPhoneなのに使えないの?というのはこのSIMロックシステムが関連しているのです。
メーカーが複数のキャリアに同じ機種を提供している場合もあるのでなかなか難しいところですね。

SIMロック解除とは?

上の項目で説明した、そのキャリアでしか使えないという制限を解除する手続きです。
この手続きを行うと、例えばドコモで買ったiPhoneに、ソフトバンクのSIMを挿して使えるようになります。
が、すべての機種で解除ができるわけではなく、条件は各キャリア・機種によって違います。

ドコモ、ソフトバンクは基本的にスマホの購入者=契約者=SIMロック解除手続きを行う人なので、中古で買ってきた機種をSIMロック解除手続きすることはできません。
auはショップであれば、中古で買ってきた機種の解除手続きができるようです。

054 055

各キャリアのSIMロック解除手続きの条件は以下のとおりです。
それと、手続きは有償になることもあります。

ドコモ
  1. ご利用料金のお支払い実績が確認できること
  2. 契約者ご本人の購入履歴が確認できる機種であること
  3. SIMロック解除機能を搭載した機種であること
    (2015年5月以降販売製品のすべて、2011年4月~2015年4月販売製品の一部)
  4. 2015年5月以降に発売された機種の場合は、購入から6ヶ月以上経過していること
    (ただし2015年4月までに発売された機種なら、この制約はありません。)
    また、対象回線でSIMロック解除実績がある場合は、購入から6ヶ月経過していなくても大丈夫な場合があります。
  5. 解約済みの製品の場合は、解約から3ヶ月以内であること
  6. 故障していないこと
    (修理対応後に手続きできるようになります)
  7. ネットワーク利用制限機種でないこと
au
  1. 2015年5月以降に発売された機種であること
    (2015年4月23日発売の「Galaxy S6 edge SCV31 」はSIMロック解除可)
  2. 購入から180日以上経過している機種であること
  3. 故障していないこと
    (修理対応後に手続きできるようになります)
  4. ネットワーク利用制限機種でないこと
ソフトバンク
  1. SIMロック解除機能を搭載した機種であること
    (2015年5月以降販売製品のすべて、2015年4月以前販売製品の一部)
  2. 2015年5月以降に発売された機種の場合は、購入から180日経過していること
    (2015年4月までに発売された機種なら、この制約はありません)
  3. 解約済みの製品の場合は、解約から90日以内であること、契約者本人であること
  4. 故障していないこと
    (修理対応後に手続きできるようになります)
  5. ネットワーク利用制限機種でないこと

SIMロック解除さえすれば、au・ソフトバンクの機種でもシナプスモバイルは使えるのか?

ドコモの機種はSIMロック解除をしなくてもシナプスモバイルは使えます。ではau、ソフトバンクの機種はSIMロック解除すればすぐ使えるようになるのでしょうか。

結論から言うと「機種による」という感じです。
SIMロック解除すればどこのキャリア・格安スマホでも使えるんじゃないの!?という感じですが、キャリア販売のスマホには「SIMロック」の他に「対応周波数(バンド帯)」という壁があります。
詳しい解説は過去記事『まんがでわかる(かもしれない)SIMフリースマホを買う時の注意点(バンド編)』を読んでいただきたく思います。

021 023 026

過去の記事より。
平たく言うと「SIMロック解除した後に使えるかどうか」はこのメーカーが乗り換え先の電波に対応しているものを作っているかどうかにかかっている、ということになります。

というわけで、3キャリアから発売されているSAMSUNGのGalaxy S6 edgeと、AppleのiPhone 6sの対応電波帯を比較してみましょう。
(今回はLTEのみ)

まずはGalaxy S6 edgeから。

galaxy 上記の表を見る限り、同じGalaxy S6 edgeでも発売元キャリアに合わせたカスタマイズがされているためか、対応電波が違うことがわかります。
それぞれSIMロック解除をすると、どうなるのでしょうか。

  • ドコモのGalaxy S6 edge…
    広く使われているバンド1には対応しているものの、au・ソフトバンクの
    プラチナバンドであるバンド18、バンド8には対応していないので、
    恐らくこれらのキャリアでは屋内や山間部では厳しいでしょう。
    auのプラチナバンドであるバンド28には対応していますが、これも県内では
    大きい市のさらに中心部でしか使われていません。(今後エリアが広がれば使える可能性もあります。)
    SIMロック解除しても、au、ソフトバンクで使うのは難しいと思います。
  • auのGalaxy S6 edge…
    ドコモと同じく、au以外のプラチナバンドには対応していません。
    au以外では難しいでしょう。
  • ソフトバンクのGalaxy S6 edge…
    なんとauのプラチナバンドに対応しています。SIMロック解除後は
    au系のSIMでも問題なく運用できそうです。ドコモは厳しいかも…

ちなみに表の数字上は使えるはずですが、auのSIMを挿す際技適の関係で法律上使えないかもしれない機種もあるのでご注意!
ドコモ・ソフトバンク系は大体大丈夫のはず。
技適についてはまた後日別の記事で扱います。

続いてiPhone 6sです。

iphone

なんと全キャリア同じ。
iPhone 6sは一度SIMロック解除さえしてしまえばどこのキャリアでも使えるという感じですね。
Apple製品はおおむねこんな感じです。
Apple製品以外はSIMロック解除前に事前にHPで調べておくと安心です。
キャリア各社はHPにてSIMロック解除対象機種と対応周波数を公開しています。

ドコモ:SIMロック解除対応機種および対応周波数帯
https://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/simcard/unlock_dcm/201505/band/

au:SIMロック解除が可能なau携帯電話などの実装周波数帯一覧
http://www.au.kddi.com/support/mobile/procedure/simcard/unlock/compatible_network/

ソフトバンク:機種別対応周波数一覧(PDF)
http://cdn.softbank.jp/mobile/set/common/pdf/support/usim/unlock_procedure/frequency-band-list.pdf

シナプスモバイルで運用する機種は、バンド1、バンド19対応がほぼ必須だと考えていただければOKです。
ちなみに、3Gにも当然のようにこういうバンド帯がありますので、郊外にお住まいの方はLTEだけでなく3Gの対応状況も調べておくとより安心です。

URL :
TRACKBACK URL :

Facebookでコメント

Return Top