シナプス・マガジン

SIMフリースマホ(?)『RoBoHoN』が来てくれました。

SIMフリースマホ(?)『RoBoHoN』が来てくれました。

久しぶりにSIMフリー端末のレビューを行いたいと思います。

001

出オチ感が否めませんが、今回は『SHARP RoBoHoN(ロボホン)』です。

こんな見た目だけどSIMフリーの電話機!

002

RoBoHoN
https://robohon.com/

機能としてはロボットとスマートフォンが融合した感じです。
背中にタッチパネルがついていますが、基本的には音声で話しかけて操作するのが前提になっています。

スペック

以下公式サイトより抜粋です。

身長/体重:約19.5cm/約390g
OS:Android™ 5.0
CPU:Qualcomm® Snapdragon™
400 processor 1.2GHz (クアッドコア)
内蔵メモリ:ROM 16GB/RAM 2GB
電池容量:1,700mAh
ディスプレイ:約2.0インチ QVGA
カメラ:約800万画素 CMOS
プロジェクター:HD(1,280×720画素)相当
通信方式*2:3G/LTE
対応バンド:
LTE:Band1(2.0GHz)、Band3(1.7GHz)、Band19(800MHz)
3G:Band1(2.0GHz)、Band6(800MHz)、Band19(800MHz)
VoLTE:○
Wi-Fi®:○(IEEE802.11b/g/n)
Bluetooth®:○(4.0)
GPS:○
センサー:9軸(加速度3軸、地軸気3軸、ジャイロ3軸)、照度センサー
電話帳登録件数:最大200件
送受信メール保存件数:最大1,000件

SIMフリー端末ですが、対応バンド帯を見るにほぼドコモあるいはドコモ系列のMVNO専用ですね。

APN設定

SIMフリースマホ(?)なので、設定すればシナプスモバイルでも使えます。

P_20160829_190246

背面にタッチ式の操作パネルが。歯車マークの「設定」をタップします。

P_20160829_190259実にAndoroid的な設定画面。ロボットだけに…まあAndroid搭載なんですけど。
スクロールすると「APN設定」がありますのでタップ。

P_20160829_190309

大手MVNO設定はデフォルトで入っているのですがシナプスモバイルは残念ながら…なので、
右上の「+」から設定を作ることができます。
この写真ではすでに作成済みです。設定内容は以下の通り。

005

P_20160829_190317

001

キーボード小さいだろうな~と思っていたらなんと描画式でした。

何ができるの?

003

踊れます。というのは置いといて、メール、電話、カメラ機能搭載です。
ネットはWikipediaの結果を参照するのみなのかな?ちょっと使いづらい感じ。
歌と踊りはバリエーションがあるので何度も話しかけてしまいました。

004

地図検索はしてくれます!
結果をプロジェクターで投影してくれます。しぐさがかわいいです。
(この写真だと周りも明るいせいで白飛びしてますが…)

電話をかける時は「電話をかけて」と話しかけると電話機能が立ち上がります。
登録した電話帳から、あるいは番号読み上げで電話をかけてくれますよ。

公式動画がありました。

あとせっかくなので閉店時間にアナウンスしてくれるようアラームを設定しました。
「ロボホン、アラームかけて」と話しかけると平日や休日、時間帯などアラームの時間を細かく設定できます。
「○時、時間になったよ」とお教えてくれました。だんだん声が大きくなっていきます。
「ロボホン、起きたよ」と呼びかけることで止まりました。

学習次第ですが、呼びかけするとちゃんと返事してくれたり、会話のようなものになったりするのがなんだかSF。

顔認証で人の顔や名前も覚えます。
カメラを起動すると、人間を探して撮影をしてくれたり、呼びかけをしてきたりとこちらも未来を感じることができます。

2日間だけお店に来てくれたロボホンですが、お返しするときは情が移ってちょっと寂しさすらも感じました。
カスタマイズ性に富んでいましたが、今後アップデートで機能がさらに追加されていくそうで、ロボホンの未来が楽しみです。

URL :
TRACKBACK URL :

Facebookでコメント

Return Top