シナプス・マガジン

2018年5月末までにブラウザをアップデートしましょう

2018年5月末までにブラウザをアップデートしましょう

ものすごく平たく言うと古いOSやブラウザ(インターネットを見るためのソフト)をお使いの方はYahoo!などのサービスが2018年6月以降徐々に使用できなくなります。

「TLS1.0」と「TLS1.1」

インターネットに安全に通信するための仕組みの一つである「TLS1.0」と「TLS1.1」ですが、脆弱性があり、2018年6月以降サポートを打ち切るホームページが増えます。
これはクレジット決済システムを使用しているホームページはほとんどそうなる予定のはずです(クレジット決済システムのセキュリティ基準を決める国際組織が6月30日までに次の「TLS1.2」への移行を推奨しているため)。

実はパナソニックやスターバックスのホームページなどはサポートを2017年中に打ち切っており、すでに該当のOS・ブラウザではアクセスできなくなっています。

具体的にはどうなる?

何が起きるかというと、「TLS1.0」と「TLS1.1」にまでしか対応していないブラウザ、つまり次の「TLS1.2」に対応していないブラウザをお使いの場合は、「TLS1.0」と「TLS1.1」のサポートが打ち切られたホームページ・Webサービスが閲覧・使用できなくなります。

どんなホームページが見ることができなくなる?

お知らせを出しているところを一部ご紹介します。

  • Yahoo!JAPAN
    6月1日~6月30日の間に順次「TLS1.0」と「TLS1.1」のサポートを打ち切るようです。まずはヤフオク!やショッピングなどが使えなくなるようです。
    https://security.yahoo.co.jp/news/tls12.html
  • ディズニー
    6月20日にサポートを打ち切るようです。サイトの一部という書かれ方をしているので範囲は不明です。
    https://www.disney.co.jp/news/20180402_1.html
  • カドカワストア(角川のオンラインショッピング)
    5月25日に「TLS1.0」のみサポートを打ち切るようです。ホームページが閲覧できなくなるとあります。
    https://store.kadokawa.co.jp/shop/t/t1053/

自分が使っているOSやブラウザは大丈夫?

手っ取り早いのはYahoo!の注意喚起ページにアクセスして、そこで「対処は不要です」となっていれば問題なしです。
「対処が必要です」と表示された場合は、買い替えやバージョンアップ、アップデートが必要になります。

Yahoo!セキュリティセンター
https://security.yahoo.co.jp/news/tls12.html

パソコンの場合

■Windows Vista、Windows XP以前、MacOS X 10.8以前
残念ながら、「TLS1.2」対応のブラウザをいれることができませんので、OSごと(パソコンごと)買い替えるしかないですね…

■Window 7以降
Internet Explore…バージョン11に上げておきましょう。
Microsoft Edge…基本的に対応済みのはずです。不安な人はWindows updateをしておきましょう。
Google Chrome…「TLS1.2」に対応しているのは30-32からです。最新は66です。最新版にしておきましょう。
Firefox…「TLS1.2」に対応しているのは27-33からです。最新は60です。最新版にしておきましょう。

ちなみにブラウザが最新状態であっても、設定で「TLS1.2」を無効にされている場合も接続ができないのでご注意を。

スマホ・タブレットの場合

■Android 4.4以前、iOS 5.0.1以前
OSのアップデートが必要です。機種によってはアップデートが提供されない場合もありますので、その場合は買い替えを検討していただくしか…

よくわからない!という場合はシナプス・ステーションにパソコンやスマホ・タブレットご持参の上お尋ねいただけましたらご案内できますので、よかったらお越しください~。

Facebookでコメント

Return Top