シナプス・マガジン

ガッコム安全ナビで治安情報のチェック

ガッコム安全ナビで治安情報のチェック

ガッコム安全ナビは警察や自治体から得た情報をもと地図上で不審者・事件・事故などの治安情報が確認できるサービスです。運営は株式会社ガッコムが行っています。(詳細はこちらで)

使い方

サイトへのアクセスは以下のリンクから。PCだけでなくスマホにも対応しています。
https://www.gaccom.jp/safety/

アクセスすると以下のように地図と表示範囲内の治安情報(最新100件)のアイコンが表示されます。

アイコン全部で27種類あり、それぞれのの意味は以下の通り。また、アイコンはクリックすると地図上での表示/非表示を切り替える事ができます。(初期値ではすべて表示)

地図上のアイコンをクリックすると情報の一部が表示されます。表示される文字は途中で切れていることがほとんどなので、続き(詳細)を確認したい場合は、右下にある詳細をみるをクリックします。

地図の移動

初めて開いた時は関東一帯が表示されるようになっています。地域を変更するには、地図をドラッグまたは右下のジャンプをクリックして現在地周辺や任意の県を指定することが可能です。(現在地周辺に移動するだけなら、地図右上の青い矢印アイコンクリックでもOKです。)

鹿児島県中心部だとこんな感じ。ゼロであって欲しかったのですがなかなか難しいところですね…。

自治体情報

地図下部にある自治体情報では、自治体が出している情報の確認ができます。

不審者アバターマップ(アバターモード)

地図右上の「Avatar(アバター)」をクリックすると不審者アバターマップと呼ばれる黒ベースの地図に変化し、地図上には人型のアイコンだけになります。アイコンはそれぞれ色が異なっていますが、これは不審者がどういう服装だったかひと目で分かるようになっています。

通常のマップと同様に地図上のアイコンをクリックで情報の一部が、詳細を見るをクリックで続きを読むことが出来ます。このアバターで表現できる内容はシャツやズボン以外にも靴・帽子・サングラス、マスクのような小物や自転車・バイク・車などの乗り物まであります。色の組み合わせも考えると相当数のアバターがあるのではないでしょうか。

本当は不審者マップを使わなくてもすむ世の中になってくれるのが一番なんですが良ければ使ってみてください。

Facebookでコメント

Return Top