シナプス・マガジン

Windows 10の画面の切り取りの(ニッチな)小技

Windows 10の画面の切り取りの(ニッチな)小技

画面の切り取りの時に便利なSnipping Tool。を過去に何度かご紹介しました(以前の記事はこちら)が、切り取った画像をPNGやJPEGなどの画像として保存する必要がなくすぐにワードやエクセルに貼り付けたいという場合はソフトを起動する手間がやや面倒ですよね。

実はWindows 10 Creators Update以降から画面の切り取りのショートカットが拡充されており、指定した範囲(矩形のみ)の画面取り込み + クリップボードへのコピーを一気にできるキーボードショートカットキーが追加されています。(ファイルとして保存はできません)

クリップボードとは?
コピーやカット(切り取り)などで選択したデータを一時的に保存する機能、または、保存する場所のこと。

コピー&ペーストの流れ

ソフトAでコピー

クリップボードに一旦保存

ソフトBで貼り付け

ショートカット

Windowsキー + Shiftキー + S

上記のキーを押すと、Snipping Toolで新規作成ボタンを押したときと同様、画面全体が半透明になります。その状態でマウスをドラッグして範囲指定をすると、範囲内の画面の状態がクリップボードへ転送されるようになっています。
コピー完了後は特にメッセージも表示されず元の画面に戻るので本当に切り取りできているのか不安になってしまいますが、ワードやエクセル、ペイントなどのソフトで貼り付けができるようになっていますよ!

画面を切り取って貼り付ける作業が多い方は参考にしてみてね!

余談ですがWindows 10の今後のアップデートでSnipping Toolを使った画面キャプチャは廃止が予定されており、画面スケッチ(Screen snip/Screen Sketch)という機能に置き換えが予定されています。プレビュー(テスト)版ではまだSnipping Toolと比べるとやや機能不足らしいですが、正式版ではどうなるかなと気になっています。

Facebookでコメント

Return Top