シナプス・マガジン

音楽をバックアップしよう!(iTunes編)

音楽をバックアップしよう!(iTunes編)

パソコンに保存した音楽をバックアップ!

今回は、iTunesの音楽や動画のデータを新しいパソコンに移す方法をご紹介します。

もし、何日もかけて大量にある手持ちの音楽CDをiTunesに取り込んだ経験があるなら、音楽はもちろん、せっかく貯め込んだ再生回数や歌詞などの大切なデータもそのまま新しいパソコンで使いたいと考えることでしょう。

バックアップの方法そのものは、とてもカンタンなのですが、大切な音楽を1曲の漏れもなく、確実に移すためには注意とちょっとした下ごしらえが必要です。

iTunesのデータはiTunesフォルダにある!?

iTunesをインストールすると、あなたの「マイ ミュージック」フォルダの中に「iTunes」というフォルダが作られています。
iTunesは本来、大切な音楽データを管理してくれるソフトなのですが、初期状態ではパソコンの中に散らばった音楽データをそのままの場所で管理する設定になっています。

なので、一口にバックアップと言っても、パソコンのあちこちにある音楽データを自分で探してきてバックアップする必要があり、曲数が多くなるとバックアップはとても面倒・・・いいえ、何千曲・何万曲と言う数の手作業でのバックアップは現実的ではありません。

つまり、確実なバックアップのためには、これら散らばったデータを「iTunesフォルダ」一ヵ所に集めなければなりません。

動画で見る「音楽のバックアップ」!

それでは、いよいよiTunesでのバックアップ方法を動画でご紹介します。

音楽データが散らばっている様子と、それらを一発で一ヵ所に集める方法と具体的なバックアップの方法をご覧ください。
そして、iTunesで効率的に音楽を管理するためのオススメ設定もあります。

Facebookでコメント

Return Top