シナプス・マガジン

『クイック起動』を使おう

『クイック起動』を使おう

ランチャーって何だ?

ホームページを見たり、音楽を聴いたり、メールを書いたり・・・
パソコンは、同時にたくさんのアプリケーションを立ち上げて作業できる反面、画面にウインドウをたくさん開いてしまうと、次のアプリケーションやデスクトップを開くために、いらないウインドウを閉じたり、スタートボタンから順にたどって探したり──と、なかなか面倒です。

Windsowsでは、画面の下にタスクバーが常に表示されていて、Windows XPの頃にはスタートボタンのすぐ横に「クイック起動」という機能があって、どの画面にいようと、たくさんウインドウを開いていようと、その小さなアイコンをクリックすることでいつでも必要なアプリケーションを1クリックで起動することができました。

こういった、アプリケーションやファイル、WEBページを呼び出す機能は「ランチャー」と呼ばれています。Windowsに標準のランチャー機能が『クイック起動』です。

Windows 7や 8 には『クイック起動』がない?

Windows XPの頃には、皆さんとても便利に使っていたであろう『クイック起動』ですが、Windows 7やWindows 8では画面にその機能が見当たらなくなっています。

かと言って、『クイック起動』が完全になくなってしまったワケではありません。
ただ、『クイック起動』を復活させるにはひとテマ、おまじないが必要になりました。

復活のおまじない!

おまじないの言葉は。
うん。意味はわからなくていいです!

Windows 7も8も手順はまったく同じです。
まずは、おまじないをコピーして、動画を見ながら便利なクイック起動を復活させてみましょう。

Windows XPの『クイック起動』を知らなかった方もきっと手放せない機能になって、「何でマイクロソフトは、この機能を隠しちゃったの?」と疑問に感じることでしょう。

さぁ。お試しあれ!

『クイック起動』復活のおまじない
%appdata%\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch

Facebookでコメント

Return Top