シナプス・マガジン

Amazonのストレージサービス「Amazondrive」

Amazonのストレージサービス「Amazondrive」

これまで当マガジンでもOneDriveなどオンラインストレージの特集を行ってきましたが、今回は世界最大級のショッピングサイト「Amazon」が運営するオンラインストレージ「Amazon Drive」についてご紹介いたします。

Amazon Driveとは

Amazon Drive
https://www.amazon.co.jp/clouddrive/learnmore/ref=cd_lg_sn_in

Amazon Driveとは、冒頭でも説明しましたがAmazonが運営するオンラインストレージサービスです。

通常ストレージサービスは容量プランによって価格が変動しますが、Amazon Driveはプライム付属のプライムフォト(画像のみ無制限+5GBのファイルストレージ / Kindleをお持ちの場合はさらに+5GB)か、年額13,800円で容量無制限のUnlimitedの2種しかありません。
以前はプライム会員普通の会員問わずAmazonアカウントを持っていれば5GBのストレージが使えましたがUnlimitedの登場によりそれは削除されています。
容量無制限は過去にYahoo、マカフィー、トレンドマイクロ、そしてMicrosoftさえもサービスを開始してはほとんど5年と経たずサービス停止or容量削減を行うなど長続きしなかった禁断の箱ですが、はてさてAmazonはいかに。

001

プライム会員は「プライム・フォト」を使ってみよう

003

こちらをクリックするとログイン画面に遷移します。
プライム会員でない場合はログイン後Unlimitedの無料体験ページに飛ばされるので注意。

004

Amazonに登録してあるメールアドレスとパスワードを入力し、「サインイン」をクリックします。

006 ドライブ内にログインできました。これは何もアップロードされていないまっさらな状態です。

画面右上のアップロードボタンを押すか、ファイルをドラッグ&ドロップでアップロードできます。

007009アップロードするフォルダを決めたら「追加する」でアップロード完了です。

プライム・フォトという名前ですが写真・画像以外のファイルもちゃんとアップできるのでご安心を。
写真は無制限にアップロードできます。

スマホでも

オンラインストレージのいいところはPC・スマホ問わず複数の端末で共有できるところです。
設定をしておけば、スマホのカメラで撮影した写真を自動アップロードしてくれるので、パソコン側で管理・編集もラクラクです。

スマホで写真を撮る→Amazon Driveにアップロード→(*PC側でAmazon Driveにログイン、ローカルに写真をコピー)→スマホの内部ストレージに保存された写真は削除
という感じでスマホ本体のストレージ容量の節約にもなります。(*のところはお好みで。)

スマホで撮った写真を自動でアップロードしたい場合、Amazon Driveのアプリ…ではなく、Amazon Photoのアプリをインストールしておく必要があります。

iOS版
011https://itunes.apple.com/jp/app/amazon-photos/id621574163?mt=8

Android版
012https://play.google.com/store/apps/details?id=com.amazon.clouddrive.photos&hl=ja

iOS版で操作の説明をしていきます。

2016-08-28_074810000_A3781_iOS 2016-08-28_074859000_00909_iOS

App Storeでダウンロード&インストールを行い、Amazonアカウントでログインします。

2016-08-28_074933000_EB0C6_iOS

デフォルトの設定で撮影した写真とスクリーンショットが自動アップロードされる設定になっています。
この設定でOKですので「続行」をタップして設定を終えると、Wi-Fi環境下でカメラロールにある写真のアップロードが始まります。

2016-08-28_074950000_A8048_iOS後から設定を確認する場合は左上の≡のようなボタンをタップ。

2016-08-28_074952000_22F32_iOS歯車マークの「設定」をタップ。

2016-08-28_075000000_76881_iOS

上から2番目の「自動保存」をタップ。

2016-08-28_075008000_508CB_iOS

ここで自動保存にかかわる設定を変更することができます。

013

この状態でパソコンからログインするとバッチリアップロードされていました。
これで管理・編集もラクラクです。

014画像無制限なのは嬉しいですね。

Facebookでコメント

Return Top